学びと表現のためのデザイン研究所
いのちとつながる 木との時間 Tree Cafe ~Eco tour Office~

 

【服装】

  • 動きやすく汚れの気にならない服装。長袖長ズボンで、速乾性素材が基本です。
    • 雨よけ風よけになる上着
    • (上下の分かれた防水透湿レインウェアが最適です)
    • (撥水パーカー等でも まずはOKです。冷えとにわか雨対策のため、天気予報に関わらず必ずご持参下さい)
  • スカートは不可です。キュロットのようなものも不適当です
  • 長めの靴下(足首までだと擦れることがあります)
  • ハンモックには靴を脱いで入ります。軽い運動靴やスニーカーが良いです。サンダルは避けて下さい。
  •  ※リラックスできて馴染みのある気分のいい服装が良いかと思います
  •  幹などに体が擦れて汚れることがあります。特に雨上がりは汚れやすいです。

【髪の毛・帽子】

  • 長い髪の方はヘルメットにあたらない程度に下の方でまとめて下さい。硬い髪飾りはあたって痛いです。
  • ヘルメットの下に帽子をかぶるとずれやすくなります。気になる場合は薄手の手拭い等を巻いて下さい。

《暑い時》

  • 汗だくになります。乾きやすい服装とタオル、出来れば着替えをお持ち下さい
  • 終了後にお風呂に入ると汗を流せて快適です
  • ハーネス(安全ベルト)で服がずれやすいので腰周りに注意です

《寒い時》

  • 登る時は暖かく上で休む時はしっかり冷える!のでウィンドブレーカーなど上着やマフラー、ネックウォーマー、ブランケット等で調節をお願いします。また下着は汗をかいても乾きやすく冷えにくいものがお勧めです
  • レンタル手袋は薄めです。手先の冷えが心配な方はご自身の防寒グローブをお持ち下さい
  • 終了後にお風呂に入ると体が温まって快適です

【持ち物に関する注意事項】>

  • 最初に登る際は出来るだけ身軽にして頂いた方が楽です。
    飲食物や上着など木の上に持っていきたいものは、まとめて頂ければ樹上でお渡しします。
  • ポケットの中のものは落ちます。特に鍵・お財布はジッパーのあるところに入れるか下に置いて下さい。
  • カメラはお持ちになるとよいでしょう。紐をつけるなど、落とさないようご注意下さい。スタッフカメラでもお撮りします。
  • 本・マイボトル(貸出あり)・ブランケット(秋~冬)など、木の上で楽しめそうなことを自由に考えてご相談下さい。
  • 周りを汚さない範囲で、お菓子などもよいです。
  • 滑り止め付き手袋をお貸ししますが、普段お使いのものがある方はご持参されてお使いになっても結構です。特にタッチパネルを操作される場合は、対応のものをお持ちでしたらご利用されると便利です。

【注意事項】

  • 雨天の場合はハンモックはご利用頂けません。ご了承下さい。その場合はシンプルプランでの料金に変更になります。延期のお申し出も可能です。
  • 飲酒されている方は参加できません。
  • 階段をしっかり登れる程度の体力があればツリーイング出来ますが、疲れ方は人によって異なります。
  • ツリーカフェ(ツリーイングイベント)は、ロープワーク等技術をお伝えする場ではありません。
    技術を身につけたい方はDRT講習などにご参加下さい。
  • 木々の世界へ入ります。虫や鳥たちの世界でもあります。そっと上がれば問題ないよう準備しますが、様々な虫たちに出会うことがあります。好き嫌いは尊重いたしますが、排除は出来ません。登る高さやロープ選び等をアドバイスいたしますので、遠慮なく仰って下さい。
    ・野外での活動です。天候その他の条件で随時変更することがあります



■ダニについて

昨年からニュースになっているマダニへの対策をお伝えいたします。当フィールドでも日本全域の山林同様マダニは生息しております。

 

・足首で出来るだけ皮膚を露出しないように長めの靴下やレギンス等がお勧めです
・ズボンの裾を靴下の中に入れるとベストです。
・化繊の滑りやすい素材だとつきにくいです。明るい色だとチェックしやすいです
・時々、また終了後に足元をチェックします。ついていて、慣れない場合はお医者さんにとってもらいます

 

以上の対策で ダニにかまれたり感染症にかかる可能性は相当減らせるはずです。必要以上に恐れることはありません。
 なお、どうしても気になる場合は、湖岸フィールドをご希望下さい。ほぼいません。